1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s

高血圧症の原因と対策

投稿日:

高血圧症とは?

高血圧症とは、その名前の通り血圧が高くなる症状のことを指します。
血圧とは分かりやすく言えば心臓から送られる血液の量や強さのことですが、これが何らかの原因により調整できなくなってしまうと、高血圧症を引き起こしてしまいます。

血圧には個人差がありますが、高血圧症とされる方の血圧は上が180以上、下が110以上のものとされています。
正常な血圧は上が130から140以内、下が85から90以内と言われています。

高血圧症の原因

高血圧症の原因として考えられるのは肥満や塩分の摂取のし過ぎです。

これらは心臓や血管に大きな負担になりますので、高血圧症を引き起こしてしまう原因になります。
さらに動脈硬化が原因になることもありますし、過労やストレスが原因になることもあります。

高血圧症に至る原因はこのように複数ありますが、生活習慣が大きく影響することが分かっていますので、予防していくことは可能です。

高血圧症を予防するために

高血圧症を予防、または改善するためには生活習慣の見直しが重要になります。
食生活では特に塩分の量を控えるように意識してください。

また、肥満も高血圧症に関係しているため生活に運動を取り入れていくべきではありますが、急激な運動は負担になってしまいますので、徐々に体を動かすことを意識してください。

長期的に生活習慣を整えていくということを頭に入れて置くべきでしょう。

高血圧症は生活習慣の関係もあり、家族で高血圧の方がいる場合は高血圧になりやすいことが分かっていますので、日ごろから血圧を測る習慣を取り入れておくといいでしょう。

-対策

Copyright© 生活習慣病を予防しよう! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.