75429f36ac6684c53af60dd6f369e43b_s

動脈硬化を防ぐために必要なこと

投稿日:

動脈硬化とは?その原因は?

動脈硬化とは名前の通りに動脈が硬くなってしまうことをいいます。

動脈が硬くなってしまうと血液の循環が悪くなってしまい、血液をうまく送り出すことができなくなってしまいます。
そのため、心臓に大きな負担がかかってしまうのです。

さらに動脈が硬くなると血管がつまってしまうため、体の中の臓器が正しく機能しなくなります。

動脈硬化の原因は何?

考えられる原因は様々なのですが、その中でも生活習慣の乱れ、ストレス、運動不足などがあげられます。

生活習慣の乱れとは偏った食生活、お酒の飲みすぎ、喫煙などであり、油っこいものを好んで食べていると悪玉コレステロールや脂肪が増え、血管がつまったりかたまったりする原因となるのです。

動脈硬化を防ぐためにはどのようなことに気をつければいいの?

動脈硬化を防ぐためには、やはり生活習慣を一度見直してみることが大切です。

野菜不足ではないか、油っこいものは摂りすぎていないか、お酒を飲みすぎていないか、など食生活からまずは見直してみましょう。

血液をサラサラにすることで動脈硬化を防ぐことはできますので、血液をサラサラにする食材、例えば海藻類や納豆、玉ねぎや長ネギなどの野菜類を積極的に摂ることを心がけます。

また、麦茶や緑茶にも血液をサラサラにする効果があるそうです。

そして肥満や運動不足も動脈硬化の原因だといわれていますので、適度な運動をおこなうことも大切です。

生活習慣を正しくすることで動脈硬化を防ぐことは十分に可能であると考えられています。

-対策

Copyright© 生活習慣病を予防しよう! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.